スタッフブログ

日商簿記検定試験

さて、日商簿記検定の試験日が差し迫ってまいりました。

最後の調整です!

これからは、みなさんが好きな問題だけを時間の許す限り解いてください。

そして確実に得点できるようにしておきましょう。

 

試験当日はギリギリまで頑張りすぎないでリラックス、リラックス。

 

試験が始まったら、いつもと同じ気持ちで問題に取り組んでください。

本試験だからといって、絶対にいつもと違うことをしないでくださいね

 

ご健闘をお祈りいたします。

 

スタッフ一同

受験準備

事前に準備しておくもの

(1)受験票

(2)電卓またはそろばん

  ※電卓はいつ壊れるかわかりません。そこで、いつもお使いの電卓の他にもう一つ(100円ショップのもので構いませんので)電卓をご用意ください。

   試験当日、コンビニに電卓を買いに走る受験生が何人もいらっしゃいます。

(3)筆記用具(鉛筆、シャープペンシル、消しゴム)

   シャープペンシルの場合は「芯」を確認してください。定規は使用不可です。

(4)身分証明書

  ※運転免許証、パスポートなど公の機関が発行する氏名、生年月日および写真が掲載されているものをご用意ください。

(4)その他

  ・高等学校などが試験会場の場合には、「上履き持参!」などの注意書きがあるかもしれません。受験票を確認してください。

  ・試験会場と試験会場までの交通機関(休日ダイヤ)の確認をしてください。

 できれば下見をしておくと安心です。

答案練習について

ひととおり学習が終わったら「答案練習」を行いましょう。

前回の「検定試験に合格するための解き方」でご指摘させていただきました順番と時間配分で答案練習を行っていきます。

ここで心がけて欲しいことは、時間配分と順番をしっかり守る!ことです。

「あとちょっと!」は失敗のもとになりますので、時間がきたら次に進んでください。 

それから、途中中断しないで一気に2時間!解いたらすぐに採点し、間違ったところを確認して、最初からもう一度解き直します。これを繰り返し、最初から最後まで「サラサラ」解けるようになれば合格証書はもう目の前です。 

しなければならないことがたくさんあって答案練習に時間が取れないのは皆さん同じです。

うまく時間を作ってチャレンジしてくださいね。

検定試験に合格するための解き方

日商簿記検定試験に合格するためには70点以上得点する必要があります。

しかし、第1問から順番に解いていては「タイムオーバー」となってしまうリスクがあります。

 

そこで、3級の場合は、

第5問(30分)→第3問(60分)→第1問(30分)

これだけで80点~82点(≧合格点)得点することができます。

もし、時間が残っていれば、第4問→第2問の順番で解いてください。

 

続いて2級の場合ですが、

第4問および第5問(30分)→第2問または第3問のいずれか一方(60分)→第1問(30分)

これだけで80点(≧合格点)得点することができます。

もし、時間が残っていれば、第2問か第3問のいずれか解かなかった問題にチャレンジしてください。

 

まずは合格点を確保することを優先しましょう。

財務会計と管理会計

今皆さんが学習されている会計には、大きく分けて「財務会計」と「管理会計」の2つの領域があります。
「財務会計」は資金調達のための会計で、「3級と2級商業簿記」がこれにあたり、貸借対照表と損益計算書を作成することを目的としています。

 もう一つの「管理会計」は原価管理(コストダウンなど)や利益管理などのための会計で、「2級工業簿記」がこれにあたります。

 工業簿記の特徴は大きく分けて二つ。

会社内部の会計であり外部報告用ではないことから法改正の影響をほとんど受けないということと、工業簿記は“流れの学問”なので、勘定連絡図をしっかり覚えて、その流れをしっかり追っかけられるようにする必要があるということの2点です。

連結会計

本年11月19日の日商簿記検定から、2級の出題範囲に連結会計がプラスされます。

連結会計は、これまでの簿記とはちょっと考え方が違うため最初は戸惑うかもしれませんが、解き方の手順をしっかり覚えていただければ、比較的得点し易い分野です。

頑張って得意になってください。

日商簿記検定試験の受験申込み

11月19日(日曜日)に実施されます第147回日商簿記検定試験の申し込みが始まるか、始まっています。

商工会議所ごとに申込期間、申込方法、受験料(基本3級2,800円、2級4,630円)などが異なりますので確認してください。ちなみに前回の合格率(全国平均)は、3級50.9%2級47.5%でした。

勘定科目、借方と貸方

勘定科目(℀、account title)とは、「計算する場所」を示す記号です。

分かり易いので、「漢字」を記号として使用していますので、「漢字」を間違えると、計算する場所を正しく示すことができなくなります。

よって、簿記上は減点の対象となります。

 

簿記は、中世ヨーロッパで実際に行われていた記録方法を、ルカ・パチョーリ(数学者)が「ズンマ」(数学書)で世界に紹介し、福沢諭吉先生が「帳合の法」で日本に紹介しました。

 

日本で最初に簿記を導入したのが銀行で、預金者を右の頁に、融資先を左の頁に記入しました。

銀行にとっての預金者は、銀行にお金をしてくれたを指し、融資先は、銀行のお金をりてくれたを指します。

本当は怖い数字の書き方

じつは、全部正解です。

ただし、商工会議所ごとにローカルルールがあって、(3)と(4)は不正解になる可能性があります。

今のうちに(1)か(2)に決めてしまいましょう!

ちなみに(4)は、電卓に「10000」と入力し、ディスプレイに注目すると…。

検定試験と数字

正しい金額の書き方はどれでしょうか?

(1)10,000円 (2)10000円 (3)1,0000円 (4)10’000円

答え合わせは次回!

検定試験と漢字

お待たせしました。前回の種明かしです。

今回は簿記検定試験で間違えやすい漢字のご紹介です。

「券」の中身は「刀(かたな)」が正解です。

似たような漢字で「勝」がありますが、「勝」の中身は「力(ちから)」です。

検定試験では、漢字を間違えると2点または4点減点される場合があります。

怖いですね。

ほかにも「預金」の「預」、「備品」の「備」なども要注意です。

求職者支援訓練8月開講コースがスタートしました

これから学習方法や注意しなければならない点などを逐次ご紹介していきます。

まずは、「券」という漢字を3回ノートに大きく書いてみてください。

種明かしは次回! 乞うご期待ください!
 

求職者支援訓練8月開講コースがスタートします

求職者支援訓練8月開講コースが新宿校、梅田校、京都校でスタートします。

 

私たちKECは頑張る皆さんをしっかりサポートしていきます。

学習方法などお役立ち情報を随時更新していきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

今年も就活がスタートしました

この時期になるとリクルートスーツを着た学生が増えてきます。

 

私たちKEC就活ゼミは2017年度から東京・新宿校でも講座を開講していきます。

お役立ち情報を随時更新していきます。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

スタッフブログ始めました!

10月1日、今日は世間では内定式です。

母校では先日より就職ガイダンスがスタートしました。
「就活後ろ倒し」が確定した時点では、
「留学していた学生」と「有名大学の学生」のみ有利になるという予測もありましたが、
蓋を開けるとむしろ普通の学生にとって恩恵があったのではないかと思います。
(逆に企業側は更に大変になったであろうと推測されます)
来年はまた日程が再度変わるかもしれませんが…、 今年も頑張ります!!