あすなろの軌跡

[第131回] 開催レポート(2019.08.03)株式会社マコトインベストメンツ 代表取締役 ブラッド・シュミット

先日8/3(土)「第131回 あすなろEXE」が開催されました!

講演者には、世界的に有名なビジネスコンサル企業のコンサルを13年間務める… ブラッド・シュミット氏を招致。

日本人よりも日本人らしい、物腰の柔らかさと謙虚さを併せもったブラッド氏が伝える、「日本×西洋」の強みとは?

そのメッセージをご紹介します。

ご講演中のシュミット氏

日本の強みは「大和=Big Harmony」

“和”は保つものではなく、構築するもの
  • 日本は、“真実”よりも“和”を尊ぶことがマイナスに出やすい。
  • その場しのぎの和に気を付ける。
  • 日本は従い、アメリカは応用する。
  • 「日本×西洋」組み合わせたら最高!

PDCではなく、「dca PDCA」がベスト!

まずは行動→プランを立てる
  • まずやらなければならないことをやって、それから恰好いいプランを作る。
  • 行動して結果を出した人がプランを立てた方が絶対にいい。

ちょっと良くするだけで2倍効果!「1.1⁷=2」の法則(7つのステップ)

①無駄をなくして、時間を作る!
  • 「無駄=余裕がある」と勘違いしていない?
  • 無駄=No money
  • どんな仕事でも無駄はある
②心理的安全の確保!
  • まずは本音が言える環境
  • 違う意見も受け入れる
  • 「私は私でいいんだ」という心理的安全の確保を!
③大事なことの見える化
  • 見える化=見たくなくても、見えちゃうもの (パソコンのデータ化ではない!)
  • 業務の見える化→困っている人の見える化→助け合いができる

※ここまでやれば、だいぶ改善される!

その他にも、業務改善に役立つメソッド盛り沢山の80分でした!

南アフリカ・カナダの国籍を持ちながら、日本で育ち、漢字にも精通した日本人よりも日本人らしい、ブラッド氏。

日本だけの「和」だけでもなく、欧米だけの「自己主張」でもなく、ふたつの良さを組み合わせたブラッド氏だからこそ伝えられる、本物の「大和」から生まれるビジネスモデル。

その新しい視点に、参加者の経営者の方々からは「まさに現場で活かせる!」「自社でも応用したい!」との声が。講演中の資料の問合せが数多く寄せられました!

会の始まりは、まず乾杯から

シュミット氏と代表幹事の木村

シュミット氏の話を真剣に聞き入る参加者

日本と欧米の強みを融合させた新しい視点からの改善案を熱弁

会の途中は、自由な名刺交換も

参加者同志で記念撮影

次回開催のご案内