お問合せフォーム
参加お申込みフォーム

あすなろEXEについて

ただ伸びることのみを考えている「あすなろの木」のように

「あすなろEXE」とは

「あすなろEXE」は、創業40年のKEC教育グループが主宰する異業種交流・講演会です。
大阪を中心とした関西の経営者・経営幹部・次世代経営者・個人事業主等を対象に、グローバル時代の時流に応じた「経済」「経営」「社会」「政治」「人生」等の様々なテーマを掲げ、イノベーションの創出と躍進の原動力となることを目的にしています。

講師を招いての経営実践談

講師は多種多様な分野のエキスパートを厳選。
講演と参加者同士の自由な交流で、学びの場とビジネスチャンネルを広げる場として、毎回約120名の方々にご参会いただいております。

代表幹事・木村節三からのメッセージ

[あすなろEXE]代表幹事 木村 節三

人は生涯にわたり、夢・目標を持ち続け、それらを実現するために学び続けます。
「あすなろEXE」は、「明日こそはひのきになろう!」と天を仰ぎ、ただ伸びることのみを考えている「あすなろの木」に因んで名づけました。

この世に生を受けた私たちは、それぞれが使命を担って生かされています。
色々な体験・素晴らしい人との出会いを通じ、心と肌で感じ取ったことを自然体で感応表現しながら「使命成就」=「自己実現」の満喫人生を送りたいものです。

「あすなろEXE」では、「人生、学びの道のり」とし、「共に語り合い…学び合い…高め合い…」明るく楽しく“相互研鑽”と“心の交流”を図り、「ヒューマンリンキング&ビジネスリンキング」の「あすなろの輪」を未来に向け広げています。

概要

発足平成2年9月5日

入会資格「For Youの精神」と「向上心の旺盛な人」

開催期間年4回開催(土曜日)

会場道頓堀ホテル
(大阪市中央区道頓堀2丁目3-25)

プログラム

経営実践体験談各界の講師を招いての講演会

異業種交流による情報交換名刺交換自由!
歓談・歓食・歓飲でビジネスチャンネルを広げる機会です。

リフレッシュタイム(※)歌い手や演奏家、マジシャン等のエンターティナーの方々をお招きし、講演後に楽しめる時間もご用意。(※進行により、実施がない場合もございます)

今後のスケジュール

次回講師ご案内

  • 第137回 2021年11月20日(土)
    株式会社シュゼット・ホールディングス
    代表取締役社長 
    蟻田 剛毅氏

次回開催のご案内

「第137 回あすなろEXE」のご案内 「伝統×革新」で「永続的発展」を目指す!
世界一売れているフィナンシェとしてギネス世界記録™を樹立!
アンリ・シャルパンティエのV字回復とコロナ禍での挑戦

ゲスト講師 株式会社シュゼット・ホールディングス 代表取締役社長 蟻田 剛毅

蟻田 剛毅氏

関西学院大学法学部卒表後、株式会社電通に入社、コンビニエンスストアのスイーツ担当になったことを機に、お菓子好きを実感。家業のアンリ・シャルパンティエ(現:株式会社シュゼット)にアルバイトとして働き始め、翌年に入社。2010年に副社長、翌年、2011年に代表取締役社長となる。

■永遠なるお菓子文化をつくって、よりたくさんのお客様に喜びと驚きを提供する

伝 統

新商品づくりに追われ赤字状態での事業承継から、父(創業者)の遺言を守りフィナンシェに原点回帰し、お菓子文化の理念浸透

革 新

組織改革により業界の常識を覆す製法を確立し、お客様に喜びと驚きを提供し続け、フィナンシェ販売で史上最多のギネス世界記録™6年連続認定中(2021年8月現在)

永続的発展

V字回復時に築き上げた組織風土と仕組みでコロナ禍の逆境にも対応し、いかなる時代においても未来を切り拓き続ける

■不易流行経営で永続的発展を実現

不易流行とは、変化しない本質的なものに、新しい変化を取り入れること。また、その変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。
将来の不確実性が高いVUCAの時代。企業経営においても、不変的な理念を基に方向性を定め、環境変化に機敏に適応する不易流行性が求められています。
そして不易流行経営を実現させ成功するためには、自律主体的な組織作りが欠かせません。

自律主体的な組織を作り、不易流行経営を実践され、見事年間販売個数において「世界一売れているフィナンシェ」としてギネス世界記録に6年連続認定されたシュゼットグループ様の軌跡をたどることで、永続的発展経営のヒントを掴んでください。



開催概要

日時

2021年11月20日(土)
[会場]17:00~20:00(16:00より受付)
[オンライン]17:40~20:00(17:00よりログイン開始)

会場

リアルな会場とオンラインの自由選択型で開催いたします。
ご希望の形式にてご参加ください。

【会場でのご参加】
道頓堀ホテルにて開催(大阪市中央区道頓堀2丁目3-25)

【オンラインでのご参加】
Zoomにて開催

※お申込み後も新型コロナウイルス感染症の感染状況等により直前まで参加形式の変更が可能です。会場にご参加の方は、マスク着用・会場設置のアルコール消毒薬にて、手指消毒をお願いいたします。

道頓堀ホテルの感染対策情報はこちらからご覧いただけます。
http://www.namba-enkai.com/infection_prevention/

プログラム

会 場オンライン
16:00受付開始 
17:00開会・歓談・歓食・歓飲ログイン開始・操作説明・歓談
17:40 開会
17:50あすなろメッセージ・講師紹介
18:00ご講演・歓談等
20:00閉 会

※昨今の状況を鑑み、従来のスケジュールより予め時間を前倒しで実施いたします。

参加費

【会場】10,000円 [税込](飲食あり)
【オンライン】3,000円 [税込](飲食なし)

開催にあたっての留意事項

第137回あすなろEXEはリアルとオンラインを融合した自由選択型で開催いたします。
下記留意事項をご一読いただき開催にあたり予めご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  • 行政機関からの要請により開催時間の変更やオンラインのみに切り替える可能性等がございます。
  • 会場につきましては十分なスペースを確保するため定員がございます。
  • 会場ではガイドラインに基づき感染防止対策をとります。
  • 会場にご参加の方は、必ずマスク着用の上、お越しください。
  • オンラインにてご参加の方は、マイク及びカメラ付きのデバイスでご参加ください。
  • 会場でのご参加の方で、測定体温によっては、ご参加をお断りする場合がございます。

お申込み方法 [お申込み締切:2021年11月10日(水)]

当サイトフォームよりお申込みの上、お申し込み後1週間以内に下記振込先へお振込みをお願いいたします。
(※振込手数料はご負担ください。)

【振込先】
三菱UFJ銀行 枚方支店 
普通 0120159 ケイ.イー.シー㈱

※必ず事前の振り込みをお願い致します。

【Zoomとは?】
Zoomは、パソコンやスマートフォンを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリです。

【初めての方へ】
Zoom利用が初めての方、ご不安な方は事前に個別レッスンと併せ、個別実践演習も無料でさせて頂きます。
今回の「オンライン・バーチャルあすなろEXE」以降もオンラインに関する相談と定期的なオンライン情報の提供を無料でさせて頂きます。

あすなろの軌跡

[第136回] 開催レポート(2021.3.13)ベストセラー『13歳からのアート思考』著者末永 幸歩

3/13(土)「第136回 あすなろEXE」が開催されました!
リアル会場とオンライン参加者を合わせ、約100名の方にご参加いただきました!

講演者には、ベストセラー『13歳からのアート思考』著者の末永幸歩先生を招致!

コロナ禍で加速する「VUCAの時代」、物事の本質を探究し、思考力・創造力・主体性を磨く!

その一部をご紹介します。

末永幸歩氏

末永幸歩氏

「アート思考」とは、今までにない自分だけの答えを創っていく力!

「色って何なのだろう?」 それが印象派の誕生のはじまり

19世紀の印象派画家、クロード・モネの有名な作品「睡蓮」
これを描いた背景にあったのは、「色」への興味だった。モネは自身の色への興味を掘り下げて、同じ場所からみた睡蓮を250枚以上も描き続けた。

アーティストが作品を生み出す過程
「興味の種」 → 「探求の根」 → 「表現の花」

・モネの興味の種→「色」って何なのだろう??
・モネの探求の根→その日、その時、その瞬間の睡蓮を描く。
(250枚以上!)
・モネの表現の花→「印象派」と呼ばれる全く新しいジャンルを生み出す

現代の教育・ビジネス社会で求められる「アート思考」

これまでの教育・ビジネス社会が求めてきたのは、
『同じ答えを早く導き出せる』こと

環境変化のめまぐるしいVUCAの時代に必要なのは、
『今はない答えを創り出す』こと

今回のあすなろEXEは、体験型のアート鑑賞で盛り上がりました!
参加者の皆さまが、経営者や組織人としての役割を超えて、楽しそうに自らの感性を表現し合う様子が印象的でした。

これまで教育現場においても「疑問を抱くより、早く正解にたどり着くこと」が重視されてきました。そういえば、小学校で「なんで?どうして?」が口癖な子供に先生が「とにかくこの通りにやって」と指導している・・・なんて場面を思い出します。

ですが、こうしたVUCAの時代において必要なのは、答えに早くたどり着くことや答え(マニュアル)の通りに進めていくスキルよりも、

今はない答えを創り出すこと、自分なりのモノの見方や考え方
=主観で自分なりの答えを導き出すスキル
=「アート思考」
ではないでしょうか。

教育現場においても、今年の4月からの新指導要綱において「アクティブラーニング」→主体的で深い学びが取り上げられています。


自分の「なぜ?」を探究すること。
末永先生の授業では、子ども達から沢山の「興味の種」の発見があるそうです。

・どうして虫がいるの?
・どうして生きているの?
・どうしてお金があるの?
・どうして勉強するの?
・どうしてテストをするの?等

この沢山の「なぜ??」から生まれる“興味の種”を大事に育てることが、21世紀の「VUCAの時代」に求められていることなのかもしれません。

あすなろEXE 代表幹事 木村節三 挨拶

あすなろEXE 代表幹事 木村節三 挨拶

会場とオンラインのハイブリッド形式

会場とオンラインのハイブリッド形式

乾杯の挨拶

乾杯の挨拶

熱心に質問する参加者

熱心に質問する参加者

お互いの“主観”を発表

お互いの“主観”を発表

自分なりの感性でアート鑑賞

自分なりの感性でアート鑑賞

※過去のあすなろの軌跡は
こちらから

よくあるご質問

会員制ではありませんので、どなたでも自由にご参加いただけます。

「For youの精神」と「向上心の旺盛な人」
大阪は関西を中心とした元気印の経営者や経営幹部、次世代経営者、若手ベンチャー起業家、個人事業主等、多くご参会いただいております。関西圏外からのご参加も大歓迎です。

教育業や学校法人だけでなく、人材サービスやコンサルティング、建設、運送、飲食、理容・美容、広報制作、研修講師、トレーナー・カウンセラー等のフリーランス等、様々な業種の方にご参会いただいております。

30代~70代まで、幅広い年代の方にご参会いただいております。

毎回、約120名前後の方にご参加いただいております。

年に3~4回、四半期毎の土曜日に開催しております。

お申込みの情報を元に、「あすなろEXE参加者名簿」を作成致します。当日、参加者の皆さんにお配りしますので、個人情報の開示に支障がある場合は、その旨ご連絡ください。