あすなろの軌跡

[第136回] 開催レポート(2021.3.13)ベストセラー『13歳からのアート思考』著者末永 幸歩

3/13(土)「第136回 あすなろEXE」が開催されました!
リアル会場とオンライン参加者を合わせ、約100名の方にご参加いただきました!

講演者には、ベストセラー『13歳からのアート思考』著者の末永幸歩先生を招致!

コロナ禍で加速する「VUCAの時代」、物事の本質を探究し、思考力・創造力・主体性を磨く!

その一部をご紹介します。

末永幸歩氏

末永幸歩氏

「アート思考」とは、今までにない自分だけの答えを創っていく力!

「色って何なのだろう?」 それが印象派の誕生のはじまり

19世紀の印象派画家、クロード・モネの有名な作品「睡蓮」
これを描いた背景にあったのは、「色」への興味だった。モネは自身の色への興味を掘り下げて、同じ場所からみた睡蓮を250枚以上も描き続けた。

アーティストが作品を生み出す過程
「興味の種」 → 「探求の根」 → 「表現の花」

・モネの興味の種→「色」って何なのだろう??
・モネの探求の根→その日、その時、その瞬間の睡蓮を描く。
(250枚以上!)
・モネの表現の花→「印象派」と呼ばれる全く新しいジャンルを生み出す

現代の教育・ビジネス社会で求められる「アート思考」

これまでの教育・ビジネス社会が求めてきたのは、
『同じ答えを早く導き出せる』こと

環境変化のめまぐるしいVUCAの時代に必要なのは、
『今はない答えを創り出す』こと

今回のあすなろEXEは、体験型のアート鑑賞で盛り上がりました!
参加者の皆さまが、経営者や組織人としての役割を超えて、楽しそうに自らの感性を表現し合う様子が印象的でした。

これまで教育現場においても「疑問を抱くより、早く正解にたどり着くこと」が重視されてきました。そういえば、小学校で「なんで?どうして?」が口癖な子供に先生が「とにかくこの通りにやって」と指導している・・・なんて場面を思い出します。

ですが、こうしたVUCAの時代において必要なのは、答えに早くたどり着くことや答え(マニュアル)の通りに進めていくスキルよりも、

今はない答えを創り出すこと、自分なりのモノの見方や考え方
=主観で自分なりの答えを導き出すスキル
=「アート思考」
ではないでしょうか。

教育現場においても、今年の4月からの新指導要綱において「アクティブラーニング」→主体的で深い学びが取り上げられています。


自分の「なぜ?」を探究すること。
末永先生の授業では、子ども達から沢山の「興味の種」の発見があるそうです。

・どうして虫がいるの?
・どうして生きているの?
・どうしてお金があるの?
・どうして勉強するの?
・どうしてテストをするの?等

この沢山の「なぜ??」から生まれる“興味の種”を大事に育てることが、21世紀の「VUCAの時代」に求められていることなのかもしれません。

あすなろEXE 代表幹事 木村節三 挨拶

あすなろEXE 代表幹事 木村節三 挨拶

会場とオンラインのハイブリッド形式

会場とオンラインのハイブリッド形式

乾杯の挨拶

乾杯の挨拶

熱心に質問する参加者

熱心に質問する参加者

お互いの“主観”を発表

お互いの“主観”を発表

自分なりの感性でアート鑑賞

自分なりの感性でアート鑑賞