スタッフブログ

KEC職業訓練情報について

みなさん、こんにちは!

本日はKECで今実施している職業訓練情報を改めてお伝えいたします。

KECでは、大阪(梅田)京都(烏丸御池)で職業訓練を行っており大阪(梅田)は現状毎月の開講、京都(烏丸御池)は偶数月の開講となっております。

大阪(梅田)では現在ITコースを実施しており、「未経験からのJava・Pythonプログラミング実践科」というコース名で無料で未経験の方でもJavaやPythonといったプログラミング言語が学べます。

京都(烏丸御池)では「経理・総務実務科」というコース名でこちらも無料で簿記や実務的な事務スキルが身に付く内容となります

どちらも期間は4ヶ月となっており、訓練卒業後は就職活動に励んでいただくのですが、在校中も卒業後も就職支援をオリジナルで実施しております。

履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス、求人検索、面接練習、求人案件の紹介、メンタルサポート等こちらも無料で行っており、求職者の方が就職するまでサポートしております!!

詳細はHPやハローワークに置いてあるチラシにも記載しておりますし、質問などありましたらご連絡いただければと思います。

説明会(学校見学)も随時開催しております!

KECの職業訓練でスキルアップし、理想の就職先を一緒に探しましょう!

 

スタッフ一同

有効求人倍率について

みなさん、こんにちは!

本日は有効求人倍率についてお話しさせていただきます。

 

前回まで就職活動についての動き方や、管理の仕方をお伝えしてきました。

今回は求人検索や自分が目指す職種がどの程度、可能性があるかがある程度わかる有効求人倍率についてお伝えいたします。

 

有効求人倍率とは、求人案件数を求職者数で割った数値になりまして、その数値が1人あたり何件の求人があるかを示すものになります。

 

一般に有効求人倍率が1より高い地域や、職種はその企業や地域がより多くの労働者を求めていることになります。

ですので、経済の活気があるということになります。

 

例えば、大阪の有効求人倍率が1.3倍だとすると1人に対して1.3人分の仕事があるということですので、人が不足していることになります。

ですので、求職者が有利となります。

これを地域や、職種で見るとどこが有利に動いているかがわかるようになります。

 

1より低い場合は充足しているので、企業が有利となります。

 

現在の大阪の有効求人倍率(7月調査)は全体で1.03倍です。

コロナの影響もあり、かなり求職者にとっては厳しい数値となっております。

 

ただIT関係や専門的分野の全体で見ると1.82倍とかなり求職者に有利な数値となっております。

 

このように地域や職種・分野で調べていただき、自分が目指す職種と照らし合わせて就職活動をしていただければと思います。

 

あくまでもデータですので、必ずしも1より高いから就職しやすいとか1より低いからしにくいとかではないですので、1つの考える要素として知っておいていただければ良いかと思います。

 

今回は以上となります。

次回は9月末に挙げる予定です。

 

 

スタッフ一同

応募管理

みなさんこんにちは!

本日は前回に続き就職活動の応募管理についてお話しさせていただきます。

こちらも1つの参考として捉えていただければと思います。

早期就職の場合、私が行っていた応募管理の方法はまず、自分が何件管理できるかを把握し、それに応じて応募していくという方法です。

例えば、自分が10件であれば混乱せず管理できるとした場合、まず、20社応募したい求人リストを用意し、その中から期限が早いものや優先順位が高いもの10社応募します。

応募してから返事が来るまではバラバラですので、その間に再度20件になるまで求人検索をします。ただ待っているだけですと時間がもったいないですし、長期間の活動になってしまいます。

続いて応募した10件のうち例えば、3件先に返事があった場合、通っていれば面接のスケジュール調整、通っていなければ新たに20件のリストを準備していた中から優先順位の高い案件を応募します。このとき10件中3件返事があったので返事待ちは残り7件になります。管理できるのは10件なので3件追加するというサイクルで回していくと情報が混乱せず、スケジュールもうまく調整できます。

次回応募するリストと選考中リストの数を常に把握しコントロールすれば短期間でかなりの数を打てると思います。

選考待ちが続き、情報が混乱しそうなときは数を減らすなどして調整すればよいと思います。

思うような結果が出ない時が続いても折れることなく挑戦し続ける気持ちが重要です。ダメだったことをいつまで考えても結果は変わらないので、仕方ないと切り替えて次に活かしていくことが大事です。

前回と今回であくまでも参考ですが、例を挙げました。その中から1人でもためになる情報となり良い結果に繋がることを切に願っております。

スタッフ一同

就職活動参考例

みなさんこんにちは!

本日は、就職活動(ブログ掲載者)の動き方についてお話させていただきます。

あくまでも1つの参考としてお話いたしますので、これが正解というのはありません。

まず就職活動の中で、一番時間がかかるのが求人検索だと思います。

そしてこの求人検索で実は、自分の可能性を自分自身で失くしている方が多くいらっしゃいます。

例えば、備考欄に「実務経験何年以上」、「資格何級以上」、「年齢制限」等、記載があったとしてもそこは気にせず

応募することが重要です!

備考欄の掲載情報と自分で判断してしまうことにより、可能性を狭めてしまっています。

もしかしたら急に休職者や退職者がでて今すぐ未経験でもいいから人がほしいという状態かもしれない、そのタイミングに当たる場合もありますし、そのような情報は求人には載っておりません。

ですので、自分で判断するのではなくどんどん応募することが大事となります。

KECキャリア教育センターでは就職支援を含めた講座(職業訓練)を毎月開いておりますので、

お困りのことがありましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。

次回は応募管理の参考例についてお話しいたします。

京都の職業訓練

こんにちは!本日は京都の職業訓練についてお話させていただきます。

職業訓練とは、就職に必要なスキルや知識を無料(受講料)で身に付けられる公的な制度です。

KECでは烏丸御池で実施しており、コース名は「経理・総務実務科」で、無料で簿記や総務の内容、人事や総務に必要な法律の内容が4ヶ月で学べるカリキュラムとなっており、資格で言うと簿記は3級~2級までとビジネス実務法務3級にチャレンジできるスキルが4ヶ月で身に付きます!

 資格にチャレンジされる方は多く、簿記3級に関してはKECの授業を受けた後9割、2級は半分程が受験しております。

京都でKECと同じ分野の訓練校は毎月約3~5校となります。

KEC烏丸御池校では、平日ほぼ毎日1~6限(10:00~17:30頃まで)で学校形式で実施しており、定員は15名で申込をするにはハローワークで手続きをしていただく必要があります。

職業訓練には受講~卒業するにあたり、2つの条件があり、1つ目は出席率が8割を越えていること、2つ目は授業の中で実施される小テストを全て受けていただき、さらに合格点を取っていただくことです。

訓練卒業後は就職活動を重視し、KECオリジナルで実施している就職サポートを活用しながら動いております。

詳しい就職サポートや講座内容に関しましては、お問い合わせいただくか施設見学にお越しいただければと思います。

入学された際にはKECスタッフ一同全力でサポートさせていただきます!!

 スタッフ一同

 

就活における面接対策について

みなさん、こんにちは!!

コロナにより厳しい状況が続く中、就職・転職活動で奮闘されている方も多くいらっしゃると思います。

このような状況だからこそ就活における面接対策や履歴書の書き方など基本的なお話をさせていただこうと思います。

1.面接は何のためにするのか

2.必ず聞かれる質問

3.判断要素

 

そもそも面接とは何のためにするのか→それは「自社の発展に貢献できる人材を採用するため」です。

そこで必ず聞かれる質問が、「自己PR→あなたはどのような人物か」、「志望動機→なぜ当社で働きたいのか」

自己PRはご自身の今までの経験や性格・普段意識していることなどをありのまま伝えることが重要です!

ご自身のことを聞かれているので、難しく考える必要はないですし誰よりも自分の事を話せるのは自分です。一番ご自身が伝えたいアピールポイントを簡潔に伝えることがカギとなります。

例:~があり挫折したが~で乗り越え、~を得ました。や、~を身に付けたので御社の~になれる人材だと思います。等、経験談を交えて話すと具体的に伝えることができます。

続いて志望動機ですが、「なぜその会社に興味を持ったか」、「ご自身が入社することにより会社・ご自身にどのようなプラスの影響を与えることができるか」、「ご自身がどのように成長したいか」等が内容になります。そのためには受ける企業の情報収集が必須になります。

例:御社の~の理念と私が普段から意識している~の考え方が同じで共感した為、さらに成長できると感じ、応募いたしました。

嘘偽りなく具体的な内容、本当に感じている・思っていることを伝えることが大事です。

最後に判断基準ですが、どの業界・企業でもまず第一印象、コミュニケーション力が重要になります!

いくら会話の内容が良くても印象が悪ければ信用されないですし、1人で仕事をするわけではないので、コミュニケーションが取れなければスムーズに進みません。IT業界でもこの2点は注目されている点ですので、意識しておきましょう。

今回、就活における面接対策についての基本的なことをお伝えいたしましたが、今後もこれに続き具体的な内容をお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ一同

 

 

 

日商簿記検定試験

さて、日商簿記検定の試験日が差し迫ってまいりました。

最後の調整です!

これからは、みなさんが好きな問題だけを時間の許す限り解いてください。

そして確実に得点できるようにしておきましょう。

 

試験当日はギリギリまで頑張りすぎないでリラックス、リラックス。

 

試験が始まったら、いつもと同じ気持ちで問題に取り組んでください。

本試験だからといって、絶対にいつもと違うことをしないでくださいね

 

ご健闘をお祈りいたします。

 

スタッフ一同

受験準備

事前に準備しておくもの

(1)受験票

(2)電卓またはそろばん

  ※電卓はいつ壊れるかわかりません。そこで、いつもお使いの電卓の他にもう一つ(100円ショップのもので構いませんので)電卓をご用意ください。

   試験当日、コンビニに電卓を買いに走る受験生が何人もいらっしゃいます。

(3)筆記用具(鉛筆、シャープペンシル、消しゴム)

   シャープペンシルの場合は「芯」を確認してください。定規は使用不可です。

(4)身分証明書

  ※運転免許証、パスポートなど公の機関が発行する氏名、生年月日および写真が掲載されているものをご用意ください。

(4)その他

  ・高等学校などが試験会場の場合には、「上履き持参!」などの注意書きがあるかもしれません。受験票を確認してください。

  ・試験会場と試験会場までの交通機関(休日ダイヤ)の確認をしてください。

 できれば下見をしておくと安心です。

答案練習について

ひととおり学習が終わったら「答案練習」を行いましょう。

前回の「検定試験に合格するための解き方」でご指摘させていただきました順番と時間配分で答案練習を行っていきます。

ここで心がけて欲しいことは、時間配分と順番をしっかり守る!ことです。

「あとちょっと!」は失敗のもとになりますので、時間がきたら次に進んでください。 

それから、途中中断しないで一気に2時間!解いたらすぐに採点し、間違ったところを確認して、最初からもう一度解き直します。これを繰り返し、最初から最後まで「サラサラ」解けるようになれば合格証書はもう目の前です。 

しなければならないことがたくさんあって答案練習に時間が取れないのは皆さん同じです。

うまく時間を作ってチャレンジしてくださいね。

検定試験に合格するための解き方

日商簿記検定試験に合格するためには70点以上得点する必要があります。

しかし、第1問から順番に解いていては「タイムオーバー」となってしまうリスクがあります。

 

そこで、3級の場合は、

第5問(30分)→第3問(60分)→第1問(30分)

これだけで80点~82点(≧合格点)得点することができます。

もし、時間が残っていれば、第4問→第2問の順番で解いてください。

 

続いて2級の場合ですが、

第4問および第5問(30分)→第2問または第3問のいずれか一方(60分)→第1問(30分)

これだけで80点(≧合格点)得点することができます。

もし、時間が残っていれば、第2問か第3問のいずれか解かなかった問題にチャレンジしてください。

 

まずは合格点を確保することを優先しましょう。

財務会計と管理会計

今皆さんが学習されている会計には、大きく分けて「財務会計」と「管理会計」の2つの領域があります。
「財務会計」は資金調達のための会計で、「3級と2級商業簿記」がこれにあたり、貸借対照表と損益計算書を作成することを目的としています。

 もう一つの「管理会計」は原価管理(コストダウンなど)や利益管理などのための会計で、「2級工業簿記」がこれにあたります。

 工業簿記の特徴は大きく分けて二つ。

会社内部の会計であり外部報告用ではないことから法改正の影響をほとんど受けないということと、工業簿記は“流れの学問”なので、勘定連絡図をしっかり覚えて、その流れをしっかり追っかけられるようにする必要があるということの2点です。

連結会計

本年11月19日の日商簿記検定から、2級の出題範囲に連結会計がプラスされます。

連結会計は、これまでの簿記とはちょっと考え方が違うため最初は戸惑うかもしれませんが、解き方の手順をしっかり覚えていただければ、比較的得点し易い分野です。

頑張って得意になってください。

日商簿記検定試験の受験申込み

11月19日(日曜日)に実施されます第147回日商簿記検定試験の申し込みが始まるか、始まっています。

商工会議所ごとに申込期間、申込方法、受験料(基本3級2,800円、2級4,630円)などが異なりますので確認してください。ちなみに前回の合格率(全国平均)は、3級50.9%2級47.5%でした。

勘定科目、借方と貸方

勘定科目(℀、account title)とは、「計算する場所」を示す記号です。

分かり易いので、「漢字」を記号として使用していますので、「漢字」を間違えると、計算する場所を正しく示すことができなくなります。

よって、簿記上は減点の対象となります。

 

簿記は、中世ヨーロッパで実際に行われていた記録方法を、ルカ・パチョーリ(数学者)が「ズンマ」(数学書)で世界に紹介し、福沢諭吉先生が「帳合の法」で日本に紹介しました。

 

日本で最初に簿記を導入したのが銀行で、預金者を右の頁に、融資先を左の頁に記入しました。

銀行にとっての預金者は、銀行にお金をしてくれたを指し、融資先は、銀行のお金をりてくれたを指します。

本当は怖い数字の書き方

じつは、全部正解です。

ただし、商工会議所ごとにローカルルールがあって、(3)と(4)は不正解になる可能性があります。

今のうちに(1)か(2)に決めてしまいましょう!

ちなみに(4)は、電卓に「10000」と入力し、ディスプレイに注目すると…。

検定試験と数字

正しい金額の書き方はどれでしょうか?

(1)10,000円 (2)10000円 (3)1,0000円 (4)10’000円

答え合わせは次回!

検定試験と漢字

お待たせしました。前回の種明かしです。

今回は簿記検定試験で間違えやすい漢字のご紹介です。

「券」の中身は「刀(かたな)」が正解です。

似たような漢字で「勝」がありますが、「勝」の中身は「力(ちから)」です。

検定試験では、漢字を間違えると2点または4点減点される場合があります。

怖いですね。

ほかにも「預金」の「預」、「備品」の「備」なども要注意です。

求職者支援訓練8月開講コースがスタートしました

これから学習方法や注意しなければならない点などを逐次ご紹介していきます。

まずは、「券」という漢字を3回ノートに大きく書いてみてください。

種明かしは次回! 乞うご期待ください!
 

求職者支援訓練8月開講コースがスタートします

求職者支援訓練8月開講コースが新宿校、梅田校、京都校でスタートします。

 

私たちKECは頑張る皆さんをしっかりサポートしていきます。

学習方法などお役立ち情報を随時更新していきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

今年も就活がスタートしました

この時期になるとリクルートスーツを着た学生が増えてきます。

 

私たちKEC就活ゼミは2017年度から東京・新宿校でも講座を開講していきます。

お役立ち情報を随時更新していきます。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

スタッフブログ始めました!

10月1日、今日は世間では内定式です。

母校では先日より就職ガイダンスがスタートしました。
「就活後ろ倒し」が確定した時点では、
「留学していた学生」と「有名大学の学生」のみ有利になるという予測もありましたが、
蓋を開けるとむしろ普通の学生にとって恩恵があったのではないかと思います。
(逆に企業側は更に大変になったであろうと推測されます)
来年はまた日程が再度変わるかもしれませんが…、 今年も頑張ります!!