KEC 中小企業診断士講座

講師BLOG

中小企業診断士における財務・会計を学ぶ意義とは?

中小企業診断士における「財務・会計」を学ぶ意義とは?

企業経営には、経営資源(ヒト・モノ・カネ・ノウハウ)が必要ですが、
その中でも「カネ」は最も重要な経営資源のひとつです。

企業が創業する際には、その事業規模に応じた資金を調達することが必要となり
ます。また、企業規模が大きくなり、経営の多角化や新規事業への進出、さらに、
それに伴う設備投資や研究開発を実施する場合には、そのための資金調達を無視す
ることはできません。

経営に資金調達は不可欠なものですが、企業が必要な資金を効率よく調達するためには、
ステークホルダー(利害関係者)に対して企業の財政状態や経営成績などを財務諸表として正確に伝えることが求められます。

 

さらに、その財務諸表をもとに企業の経営状態を分析することは、資金提供者の意思決定にも、企業のマネジメントにも有用です。

一方、企業の経営者もしくは財務担当者は、必要な資金をできるだけ低コストで調達することが必要です。
また、調達した資金を有望な事業に投資し、調達コストを上回る成果をあげることが求められ、
そうすることで企業価値が向上します。

ただし、どの事業に投資しても必ず一定の成果が保証されるとは限らず、
成果にばらつきが出るといったリスクの存在を認識することが必要です。

中小企業診断士としてお仕事をしていくなら、ITやマーケティング、生産現場の改善など、
様々な専門分野を持って活動していくことと思いますが、
上記財務分析の基礎的な部分は、それら専門性の土台として機能することになります。

 

全ての企業活動は必ず結果としてお金の出入りになり、それを分析することにより、
中小企業診断士としての提案の糸口が見つかり、提案実行の結果の評価も最終的にはお金の出入りで判断されるはずだからです。

故に、財務(=数字)に弱い中小企業診断士は社長から頼りにされません。

無料個別ガイダンス

一人ひとりの方々の状況に合わせて、中小企業診断士の講師が個別にご説明いたします。「学習方法についての相談したい」「複数のコース・講座に関心がある」「どのコース・講座を選んで良いか分からない」等いかなる場合にも対応可能ですので、迷われましたら、まずは個別ガイダンスにご予約ください。

▼以下の項目を入力の上「確認画面」ボタンをクリックして下さい。▼

*は必須項目です

step1

お問合せ項目 (*必須)
お名前 (*必須)
メールアドレス (*必須) ※半角英数字
電話番号 (*必須) - - ※半角数字
住所 (*必須)

- 郵便番号から住所を入力

お問合せ内容

お問合せ

上記「お問合せフォーム」 またはお電話にてお問い合わせください。

●お電話の場合
TEL.0120-033-368【受付:月~金 10~21時/土日祝 10~17時】
※一部受付時間が異なる日がございます。詳しくはお問合せください。

※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。

【迷惑メール設定のご案内】
事務局からメールを返信させて頂きます。迷惑メールとして処理されないよう、あらかじめ設定変更をお願いいたします。返信メールが届かない場合は、お手数ですが事務局までお電話にてお問合せください。

AccessK E C Business School

| 全国対応!オンライン・バーチャル・スクール
従来のリアルな校舎で行われていた「双方向」授業をオンライン上で再現。

| 新宿本校  〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目18-20 ルミエール西新宿ビル2階

| 梅田本校  〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-6-12小学館ビル6階

| なんば校  〒542-0076
大阪市中央区難波2-1-2 太陽生命難波ビル4階

| 京都校  〒604-8175
京都市中京区室町通御池下ル円福寺町345 サウス御池ビル2階 

PHONE:06-6345-8444

Contact us講座のご相談はお問合せください。

| KEC中小企業診断士講座事務局

PHONE:0120-033-368 FAX:06-6347-5227